体幹ブログ

2013年7月27日 土曜日

猫背矯正について①  ~名古屋駅周辺で猫背・体幹・骨盤・整顔・小顔・O脚・X脚の矯正なら 名古屋 久塚整骨院へ~






こんばんは、院長の久塚です。

本日は猫背について書きたいと思います。


猫背は様々な症状を引き起こす事があります。

首の痛み、手指の痺れや痛み、肩こり、
腕が上がらない、肋骨が痛い、etc。

病院でレントゲンを撮ってもらっても異常なし、
でも症状が・・・、と言われ来院される方は多いです。


まずわかりやすいように猫背かどうかの
チェックをしてみましょう。

壁に背中をつけます。

両脚のくるぶしをつけ、かかとを壁に当てます。
お尻を壁に当て、肩甲骨を壁に当てます。

この基本姿勢であごを引いて
後頭部がつきにくい、つけると違和感がある、
という場合は猫背とみなしてよいと思います。

この際、両方のお尻の接している部分の
高さに左右差を感じたら、
骨盤の歪みか腰椎の捻じれが考えられます。

「猫背に骨盤は関係ない」
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
私は関係すると考えております。

家で言えば「骨盤=土台」「背骨=柱」
だと考えられます。

土台が歪んだら、家の柱も捻じれます。

どこかが悪くなったら、庇うような姿勢を取るので
別の場所が悪くなる。

ですので、元は骨盤が原因でも
その影響で背骨や胸郭に歪みがあるならば
全身的なアプローチで症状を取り除く、
それがトータルな意味での治療であると考えます。

少し脱線してしまいましたが続けます。

また、つけている肩甲骨の片方が浮いたようになっている場合や、
壁に当たっている場所の感じ方に差がある場合は
胸郭の歪みや胸椎の捻じれが出ている可能性があります。

鏡に向かって立ち、肩の高さに左右差がある場合も
胸郭の歪みや胸椎の捻じれを起こしている事があります。


胸郭とはおおまかに言うと、
背骨(胸椎)・肋骨・胸骨の三つで構成されます。

主に肺や心臓、気管や食道、大動脈、肝臓などの
主要臓器を保護する為のものです。

胸骨とは背骨と逆に胸の前の方で肋骨と接するもので、
一番下がいわゆる「みぞおち」となります。


首が前に出て、顔(特にあご)を前方に突き出している場合、
経験上、首はもちろん、首の付け根から腰の上、
時には腰まで背骨全体がかなり強く捻じれを生じています。

この場合に、矯正により症状の改善がある場合は
数回の矯正にて治癒を目指します。


「楽にはなったけど、なんか息苦しさが残る」
「食後に気分が悪くなるので食べれない」
「続けて治療しているのに、すぐ戻る」
という方は胸郭の歪みも一度チェックしてみましょう。


まず、あおむけで寝て下さい。

枕はせず、直に頭を付けてもらい、両肩をきちんとつけて
「大の字」で寝て下さい。

そして、両手指で胸骨と肋骨のついている部分を軽く触り、
左右差(片方だけ痛い、片方だけ出ている、など)があれば
歪みがある事が多いです。

次に肋骨を触ります。
そのままの姿勢で出来るだけ左右の同じ場所を
上から下、その逆でゆっくり優しく移動させて下さい。

この際、左右差が強ければ
胸骨は歪みを生じている場合があります。

肋骨の一部だけ出ているような場合が
これに当てはまります。

また、猫背がひどくなると肋骨自体に圧迫がかかり、
胸郭自体を上下で圧迫してしまい、
肋間神経痛などの症状を引き起こす事も考えられます。


本日はここまでとします。
駄文・長文にお付き合いいただきありがとうございました。

投稿者 久塚整骨院

カレンダー

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のブログ記事